結婚相談所かといって

見た目が派手に見えそうな場所だったので、とりあえずここにしてみた。 とりあえず、だったが、なかなか「当たり」の場所で、大成功だった。 2コーナー目に突っ込むための、よりベストな体制をつくるために 可能な限り車体を深く入れねばならないが、 深すぎると真横を向いた時に車体後ろがガードレールに激突してしまう。 結婚相談所かといってスピードを落としてライン取りを調整しようとしても 今度は勢いが無くて車体が横を向かない。 当然全体のタイムは下がってしまう。 それこそどこまでスピードを乗せて、 どこまでガードレールギリギリまでの空間を使って車体を操るか、 がウデの見せどころというわけだ。 そのギリギリの壁のところが良く見える位置に偶然にも陣取れた我々は、 まるでリングサイド席に座る実況解説者のようだった。

コメントを残す

*

サブコンテンツ

このページの先頭へ